2008年03月11日

確かにその通りなんですがね

未来の予想は誰にも出来ないでしょうな
大して進歩してないようにも感じるし
これだけのものが進歩したんだって痛感もできるんだけど
未来は誰にも判らないって痛感していますね
それを身をもって体験してきた感じがします
この20年
まっ、時代を動かしている実力が私にないでけで
それが出来る人たちには未来は自分が作るんだという実感があって
みよいが予想できるんかもしれませんがね
さてどうなることやら

「YouTubeは世界共通語」――角川会長の考える“次の著作権” (1/2)
ネットのうねりにうまく乗り、「ハルヒ」「らき☆すた」のヒットを生んだ角川グループ。角川歴彦会長は「ネット時代に合った新しい著作権の仕組みを作るべき」と主張する。
2007年12月07日 00時00分 更新
 YouTubeが火付け役となり、米国でもDVDがヒットした「涼宮ハルヒの憂鬱」、「ニコニコ動画」で人気を集め、台湾や韓国にも人気が広がっている「らき☆すた」――それぞれ、角川グループが手がけてきた作品だ。

 「YouTubeは今や、世界の映像の共通言語」――「電撃」ブランドを擁するメディアワークスの設立者で、角川グループホールディングスの角川歴彦会長は言う。「YouTubeには確かに、角川の作品を含め、著作権をクリアしていない動画がたくさん上がっている。日本の権利者はすぐに訴えてやめさせようとするが、日本の起業マインドを萎縮させるだけ。日本の競争力強化にもつながらない」


http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0712/07/news012.html
posted by unit at 17:54| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。